キャタラー×大島司

株式会社キャタラー創立50周年を迎えるにあたり、同じ掛川市出身で「掛川市ふるさと親善大使」でもある漫画家の大島司先生にご協力いただき、オリジナルのイラストとロゴを制作しました。

キャタラー好きか?キャタラー好きか?

「 キャタラー好きか? 」

大島先生の代表作の1つ「シュート!」に登場する久保嘉晴が、主人公の田中俊彦に宛てた名セリフ「トシ、サッカー好きか?」を引用させていただきました。
当社の本社所在地である掛川市のPRも兼ねて、掛川城や、お茶畑を背景に、当社の社員を描いていただきました。「おかげさまで50周年」世界から、そして地元の皆様から「好き」といわれる企業になるため、我々はさらなる覚悟と決意を持って約束します。「クリーンな地球を護り切る」と。

Welcome to CATALERWelcome to CATALER

「 Welcome to CATALER 」

こちらのイラストは、当社の採用活動のプロモーションを中心に活用させていただいております。
当社のコア事業である“触媒”は、車のエンジンなど内燃機関から排出される有害なガスを無害なガスに浄化して排出します。近年では、ヨーロッパをはじめ、世界各国で排ガス規制が高まっており、お客様から求められる技術も50年前に比べ“300倍以上”の浄化性能が必要です。
業界のトップランナーとなった今、「結果をもたらさない挑戦」「実現できない夢の追及」は許されません。我々は、さらなる覚悟と決意を持って「空気を変える力」を育みます。

キャタラー50巻キャタラー50巻

「 キャタラー50巻 」

マンガの単行本風に、当社の従業員を登場人物に設定し、「キャタラー50周年」を表現していただきました。
1967年、高度成長期の真っただ中、当社は産声を上げました。排出ガス規制がはじまり環境問題が声高に叫ばれる前夜、当社の挑戦はすでに始まっていたのです。以来50年間、当社の技術と実績は広く世界に認められるまでになりました。我々の目指すゴールは「持続可能な循環社会をつくる」ことであり、「未来の子供たちのためにクリーンな地球を護り続ける」こと。創業時の想いが「夢」ではなく「現実」となった現在、キャタラーの「挑戦」は、社会との「約束」になりました。我々は、過去の実績や現在のポジションに甘んじることなく、未来を切り拓くことを約束します。先人たちの意志と魂を受け継ぐものとして。

大島先生からのコメント

この度、株式会社キャタラー創立50周年の節目に合わせて、皆様の新しいスタートにオリジナルイラストを作成できたこと、大変光栄に思います。

キャタラーさんの本社のある掛川市は、私にとって生まれ育った故郷です。
少しでも掛川が盛り上がればと、漫画の舞台にも登場させてきました。
このイラスト作成にあたっても、キャタラーさんの掛川を盛り上げていきたいという考えに賛同し、描かせて頂きました。

イラストを描くにあたって苦労した点は、漫画家大島司に依頼されたのですから当然「大島司」の特徴を出すことと、今まであまり描いたことのない、会社で働く若者たちを描くこと、50周年にふさわしい絵にすることの3つの点でした。特に働く若者たちを描く点に苦心しました。ただ単にスーツ姿や白衣、作業着姿を描けばよいというのではなく、各部署でそれぞれの役割をもって働いているキャラクターたちの雰囲気も重要になるからです。

今回の一連のお仕事を通じて、キャタラーさんが掛川だけでなく、日本、世界規模で確かな技術で環境問題の解決に向けて取り組んでいることを知り、この仕事を引き受けて本当に良かったと思っています。
今後も未来の子供達へ誇れる環境づくりに期待しております。
キャタラー、好きか?

大島司

大島司大島司

  • 大島司Facebook
  • 大島司Instagram

大島先生のイラストは
こちらで要チェック!

※ 媒体によってクリエイティブが多少異なります

屋外看板

掛川市高瀬掛川市高瀬
掛川市高瀬 Googlemap
御前崎市新池田(杏林堂浜岡店前)御前崎市新池田(杏林堂浜岡店前)
御前崎市新池田(杏林堂浜岡店前)Googlemap
菊川市下平川菊川市下平川
菊川市下平川 Googlemap

交通広告

掛川駅新幹線口(南口)改札掛川駅新幹線口(南口)改札
掛川駅新幹線口(南口)改札
掛川駅在来線(北口)連絡通路掛川駅在来線(北口)連絡通路
掛川駅在来線(北口)連絡通路
掛川タクシー掛川タクシー
掛川タクシー
  • 遠州鉄道遠州鉄道
  • 遠州鉄道遠州鉄道
  • 遠州鉄道遠州鉄道

遠州鉄道全駅 ポスター(2017年5月限定)