キャタラーテクノロジー

長年の技術の蓄積と最新の技術開発で
多様化するニーズに対応

研究・開発体制

お客様のニーズに応える社内外の研究・開発体制と社内開発プロセス

研究・開発段階では各大学や外部研究機関と、製品設計段階では材料メーカーと協力して、お客様の期待を越える製品をご提案できるよう日々努力しています。
また、社内では材料開発から実車評価まで一貫したV字プロセスにて研究・開発活動を推進しています。

研究・開発体制

V字プロセス

ゾーンコート技術

省資源型自動車排ガス浄化用触媒


  • 従来触媒
  • 開発触媒
効果 / 浄化性能

酸素吸蔵材料技術

材料コンセプト


  • 従来材料
  • 開発コンセプト

酸素吸蔵特性:結晶子内部の酸素サイトを使う

開発材料のOSC特性 / NOx浄化特性
開発材料のOSC特性 -酸素吸蔵特性-
開発材料は、“長く、多く”の酸素吸蔵特性
開発材料を含む触媒にて欲しいOSC特性を達成
NOx浄化特性エミッション
NOx排出量を大幅に低減(モード全体)

生産技術

生産技術体制

開発された触媒を生産に繋げるために、スラリーのチューニング、量産技術の開発、工程検討から設備化を行います。性能を更に引き出す工法開発や画期的なコスト低減を推進するために、生産技術メンバーと研究開発メンバーを集めた組織を編成しています。

品質・生産安定の工法開発

性状安定化技術、スラリー分け取り技術、コートする幅を一定にする平坦化技術などの要素技術を備えた、品質とコストに優位なコーティング工法であるZECTを開発し、同一工法で世界展開しています。
さらに、排出ガス規制が強化される途上国向けに、高品質を維持しつつ、機動性を持ったコンパクト設備による取り組みを進めています。

目指す機動性イメージ

小型生産設備開発基本コンセプト需要地域へすぐに設備輸送し、生産を開始

トレーサビリティーシステムの開発

お客様に信頼と安心をいただける製品をお届けするために、品質データに加えて「工程条件」のトレーサビリティーシステムを開発しました。製品IDを検索することで、構成する触媒材料のデータや貴金属使用量、製造時の装置条件などが確認できることで、一つひとつの製品が保証されています。

トレーサビリティーイメージ

  • TEL
  • お気軽にご連絡ください 0537-72-3131 受付時間:8:00〜17:00 (土日のぞく)
  • FAX

  • 0537-72-5647 24時間受付中
お問い合わせ
CLOSE
  • Catalog
  • カタログ一覧 会社案内パンフレット、技術紹介パンフレット、CSRレポートをご覧いただけます
  • 会社案内 当社の会社案内パンフレットです。
    触媒製品等を紹介しております。
    会社案内 PDFで見る
  • 技術紹介 人とくるまのテクノロジー展2018で展示した
    最新技術を紹介しています。
    技術紹介 PDFで見る
  • CSRレポート キャタラーの社会的責任について紹介しています。 CSRレポート PDFで見る
カタログ一覧
CLOSE
  • Document
  • 仕入先サイト
  • 日本語サイト
  • 英語サイト
仕入先サイト
CLOSE