EN

NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 三木つばき選手 FIS SNOWBOARD WORLD CUP(AUT)に出場しました

JAN10 2019

三木つばき選手 FIS SNOWBOARD WORLD CUP(AUT)に出場しました

1:2

 

2019年1月8日から9日に、BAD GASTEIN(オーストリア)で開催された、

「FIS SNOWBOARD WORLD CUP」に、

日本代表として史上最年少(15歳 7か月)で出場しました。

※本大会の出場者のなかでも最年少選手

 

・Ladies Parallel Slalom (1/8)

豪雪による、バッドコンディションでのレース。
三木選手は転倒してしまい、残念ながら予選敗退(37位)

 

・Mixed Parallel Slalom Team(1/9)

三木選手×斯波選手(RIZAP)チームで出場。

第1走者の三木選手
前半、昨日の個人戦決勝ラウンドに残ったLOCH(ロッホ)選手を抑え
リードしていたのですが、後半に追い上げられ0.48秒の差で惜しくも敗れる。

第2走者の斯波選手に託しましたが、惜しくもトータル0.33秒差で予選敗退。

IMG-9366 IMG-9367

(写真)

arminrauthner インスタグラム(@arminrauthner)

https://www.instagram.com/arminrauthner/

 

次回の代表戦は、

1月19日(土曜)、ROGLA(スロベニア)で開催される

「FIS SNOWBOARD WORLD CUP 」に出場予定です。

※Ladies Parallel Giant Slalom

 

三木選手のダイナミックなライティングが活かされる

「ジャイアントスラローム」のレース。

 

皆さまの熱い応援よろしくお願いいたします。