三木つばき

LANGUAGE

BLOG

JAN14 2021

三木つばき スノボW杯 in オーストリア 2連戦 ベスト16で敗退

16:9_つばきリザルト用-[更新済み]

 

2021年1月12日、13日、BAD GASTEIN (バートガスタイン/ オーストリア ) で開催された、
「FIS SNOWBOARD WORLDCUP BAD GASTEIN 」に、当社所属選手 三木つばき が出場しました。

 

▼決勝トーナメント(レース動画)
——————————————————————
Julie Zogg(スイス)vs  三木つばき(日本)
——————————————————————

youtube
https://fb.watch/2ZQYW03xKL/

引用:Slalom Book スラロームブック(FACEBOOK)

 

■1月12日(火) 【WOMANS PSL(パラレル回転) 】 ※ナイトレース

 

【予選】
・本レースは世界各国から、48名がエントリーしました。
——————————————————————
※日本からは、三木つばき選手と竹内智香選手(2014 ソチ五輪 PGS 銀メダリスト)
※予選1本目の滑走順は、前日(レース前)にくじ引きで決定します。
——————————————————————

 

(予選1本目:レッドコース)
27秒台の好タイムで、レッドコース7位タイで2本目に進出。
——————————————————————
※予選1本目、各コース(レッド&ブルー)上位16名(計32名)が予選2本目に進出できます。
——————————————————————

 

(予選2本目:ブルーコース)
28秒台でフィニッシュ。予選トータル14位で決勝トーナメントに進出。
——————————————————————
※予選2本目は、1本目とは異なるコースを、予選1本目の下位(16位)から上位(1位)の順で滑走します。
※レースが進むにつれ、コース(雪)の状態が悪くなるため、ターンの技術が求められます。 (タイムが悪くなるのも当然)
——————————————————————

 

【決勝】
・決勝は、タイムではなく、早くゴールした選手が勝つトーナメント方式。
——————————————————————
※予選上位と下位が、初戦で対戦するようにトーナメントが組まれます。(例:16位 vs 1位)
よって、つばき選手(予選14位)は、予選3位の選手と対戦することになります。
——————————————————————

 

(1/8 FINAL :ブルーコース)
決勝初戦(ベスト16)の対戦相手は、FIS世界ランク1位(本レース後2位)の Julie Zogg / ジュリー・ゾック選手(28歳:スイス)。
惜しくも、0.13秒差で敗れてしまい、14位という結果となりました。
——————————————————————
※決勝トーナメントは、予選上位の選手が、決勝レースの走行コースを選択できます。
——————————————————————

(Official Results )
1.12
写真:FIS|国際スキー連盟 ホームページ より引用

——————————————————————
1st
Sofia Nadyrshina (2003)
ソフィア・ナディルシナ / ロシア
2nd
Cheyenne Loch (1994)
シャイエン・ロック / ドイツ

3rd
Selina Jörg (1988)
セリナ・イエルク / ドイツ

14th
Tsubaki Miki (2003)
三木つばき / 日本
——————————————————————
FIS|国際スキー連盟 ホームページ より引用

 

■1月13日(水)【TEAM PSL(パラレル回転) 】

 

【予選】
・本レースは世界各国から、24組がエントリーしました。
——————————————————————
※日本からは、三木つばき選手と神野愼之助選手(トヨタ自動車)チームが出場しました
※本レースは、第1走者:男子➡第2走者:女子(予選からトーナメント方式)
——————————————————————

 

(予選:Pre-Heats)
チェコチーム(Adam Počinek & Zuzana Maderova) と対戦。
約1秒の差をつけて勝利し、決勝トーナメント進出。
——————————————————————
※前日の個人レースに出場した選手のみ、混合レースに出場できます。
※前日のランキングの合計(男+女)が、出場チーム上位8組に入らなかったチームで予選を競います
——————————————————————

 

【決勝】

(決勝:1/8Final )
第3シードのロシアチーム(Dmitry Loginov / ドミトリー・ロギノフ & Sofia Nadyrshina / ソフィア・ナディルシナ ) と対戦。
——————————————————————
※前日のランキングの合計(男+女)上位8チームはシード権が与えられます
——————————————————————

 

決勝初戦(ベスト16)の対戦相手は、つばき選手の同級生、現在3連勝中のソフィア選手がいるロシアチーム。
第1走者の神野選手が、ドミトリー選手に1.48秒差(※)をつけられ、つばき選手のスタート。
0.67秒を詰める好滑走でしたが、ロシアチームに敗退し、14位という結果となりました。
——————————————————————
※本レースは、第一走者1.48秒の差が開いた時点で、第2走者のスタートゲートが開かれます
——————————————————————

 

(Official Results )
1.13

写真:FIS|国際スキー連盟 ホームページ より引用

—————————————————–
1st オーストリア
—————————————————–
Andreas Prommegger / アンドレアス・プロメガー(1980)
Claudia Riegler / クラウディア・リーグラー (1973)

—————————————————–
2nd ドイツ
—————————————————–
‪■Stefan Baumeister / シュテファン・バウマイスター (1993)
Cheyenne Loch / シャイエン・ロック (1994)

—————————————————–
3rd ロシア
—————————————————–
Dmitry Loginov / ドミトリー・ロギノフ(2000)

Sofia Nadyrshina / ロシア(2003)

—————————————————–

14th 日本

—————————————————–
Shinnosuke Kamino / 神野愼之助(1993)
Tsubaki Miki / 三木つばき(2003)
—————————————————–
FIS|国際スキー連盟 ホームページ より引用

 

本レース、数字の結果だけを見ると今シーズン最下位という結果ではありますが、
レース内容自体は、今シーズンベストではないかと思います。

 

次のレースは、16日、17日に開催されるヨーロッパ選手権(共にPGS)
昨年はPSLですが、両日表彰台にあがっているレース(2/8:3位 2/9:2位)
オーストリアに、つばきスマイルを咲かせて欲しいですね。

 

ぶっとばせ~つばき (*^^)v

pagetop