三木つばき

LANGUAGE

BLOG

JAN31 2021

三木つばき W杯 自己ベスト7位 入賞

16:9_つばきリザルト用-[更新済み]

 

2021年1月30日、MOSCOW (モスクワ/ ロシア ) で開催された、「FIS SNOWBOARD WORLD CUP MOSCOW」に、当社所属選手 三木つばき が出場しました。

 

■1月30日(土)/ WOMANS PSL(パラレル回転)/ナイトレース

【予選】
・本レースは世界各国から、43名がエントリーしました。
——————————————————————
※日本からは、三木つばき選手と竹内智香選手が出場
——————————————————————
 

1本目:ブルーコース 21.33秒(6位)
2本目:レッドコース 22.71秒(3位)

合計タイム:44.44秒で予選8位通過
——————————————————————
※予選1本目、各コース(レッド&ブルー)上位16名(計32名)のみ予選2本目に進出できます。
※レッドコース・ブルーコースの合計タイム上位16名が決勝トーナメントに進出します。
——————————————————————

 

【決勝】
・決勝は、タイムではなく、早くゴールした選手が勝つトーナメント方式。
——————————————————————
※予選上位と下位が、初戦で対戦するようにトーナメントが組まれます。(例:16位 vs 1位)
よって、つばき選手(予選8位)のベスト16の対戦相手は、予選9位の選手と対戦することになります。
——————————————————————
 

(1/8 FINAL : ベスト16 )
・ブルーコース Claudia Riegler(1973)
・レッドコース  三木つばき(2003)

予選9位オーストリアのベテランクラウディア・リーグラー選手(47歳)と対戦。
つばき選手はレッドコースを選択し、0.24秒差をつけ勝利。
——————————————————————
※決勝トーナメントは、予選上位の選手に滑走するコースを選択できる権利が与えられます。
——————————————————————

 

(1/4 FINAL:準々決勝 )
・ブルーコース Sofia Nadyrshina(2003)
・レッドコース  三木つばき(2003)

昨年末の世界ジュニア選手権決勝と同じカードとなった準々決勝。ソフィア・ナディルシナ(ロシア)選手は、つばき選手と同じ2003年生まれの17歳。世界ジュニアを制した後、1月のW杯では2度の優勝(1/9 Scuol、1/12 Bad Gastein)。最大のライバルとの対戦は、0.43秒差でつばき選手の敗北。

 

自身初のワールドカップ ベスト8入賞(7位)。予選で上位に入ること(決勝でコースを選択できる権利をもつこと)が決勝レースで勝ち切るためには重要なポイント。

 

今シーズン目標に掲げている「ワールドカップベスト8以上を3回以上達成」に向け、次週のW杯2レースもスタートからぶっ飛ばしてほしいですね。
——————————————————————
2/6(土)  WC/Bannoye(ロシア) PGS
2/7(日)  WC/Bannoye(ロシア) PSL
——————————————————————

引き続き、皆さまの応援よろしくお願いいたします。
 

(BIG FINAL :決勝レースはYouTubeでご覧いただけます)
Ulbing vs. Nadyrshina | Big Final | Moscow | Women’s PSL | FIS Snowboard

YouTube
 

(Official Results )
—————————————–
1st
Daniela Ulbing (1998)
ダニエラ・ウルビング / オーストリア

2nd
Sofia Nadyrshina(2003)
ソフィア・ナディルシナ / ロシア

3rd
Ramona Theresia Hofmeister (1996)
ラモナテレジア・ホフマイスター / ドイツ
—————————————–
FIS|国際スキー連盟 ホームページ より引用
 

pagetop