EN

NEWS

  • HOME
  • NEWS
  • 三木つばき W杯 女子PGS 1本目2位で好スタートも、予選で敗退

DEC20 2021

三木つばき W杯 女子PGS 1本目2位で好スタートも、予選で敗退

12.18

2021年12月18日、Cortina d Ampezzo (コルティナ・ダンペッツォ / イタリア ) で開催された「 FIS SNOWBOARD WORLD CUP 」に、当社所属選手 三木つばき が出場しました。

 

————————————-
WOMAN’s PGS(パラレル・ジャイアント・スラローム)
————————————-

 

■予選1本目 (レッドコース)
vs メラニー・ホッホライター (W杯ランク12位)

39.61秒 (2位)

 

■予選2本目 (ブルーコース)
vs ソフィア・ナディルシナ (W杯ランク3位)

43.06秒 (15位)

 

————————————-
予選計:1分22.67秒
予選19位で予選敗退
————————————-
※予選2本のタイム上位16名が決勝トーナメントに進出できます。

 

(結果)
■19位
■獲得ポイント:120pt
■W杯ランキング:7位(12/18時点)

 

OFFICIAL RESULTS (FIS より引用
————————————-
1位 エステル・レデツカ(チェコ/1995)
2位 ソフィア・ナディルシナ(ロシア/2003)
3位 ラディナ・ジェニー(スイス/1993)

7位 竹内智香(日本/1983)

19位 三木つばき(日本/2003)

34位 佐藤江峰(日本/1990)

出場選手数:56名
————————————-
2021年最終レース、新たなターン技術を試した結果、カーブが膨らんでしまい予選2本目で失速。
本人曰く、来年につながるレースだったとのこと。

 

2022年1戦目は、
1/8(土)スイスで開催されるW杯(PGS)

 

有言実行に期待しましょう!
引き続き応援をよろしくお願いいたします。