EN

PROFILE&CAREER

  • HOME
  • PROFILE & CAREER

PROFILE

三木つばき 三木つばき
三木つばき

TSUBAKI MIKI

生年月日
2003年6月1日
所属
CATALER

キャタラー(静岡県掛川市)

PRESSRELEASE
2018.10.29
WORLD CUP RANKSEASON 2020-2021

総合(パラレル) 7位

PGS(大回転) 8位 / PS(回転) 9位

元JSBAテクニカル選手権優勝者の父親指導のもと、4歳からスノーボードを始め、小学6年生には、全日本ジュニア選手権小学生の部で優勝。史上最年少11歳でアルペンスノーボーダーのプロ選手となる。

プロ1年目、PSA ASIAプロランキングで3位となり、ルーキーオブザイヤー賞を受賞。
プロ2年目には、PSA ASIAプロランキング年間優勝を果たし、Best Rider of the year 受賞。海外でのジュニアレースにも出場し、5戦すべて優勝。

14歳(中学2年生)で、SAJナショナルチーム強化指定ユースに選抜。(プロ引退)
そして、ヨーロッパ各国を転戦するアルペ・アドリアシリーズ 2017-18(15歳以下女子の部)で、シリーズチャンピオンを果たす。

2019年1月、史上最年少(15歳)で日本代表(SNOW JAPAN)に選出され、スノーボード・ワールドカップに初出場。また、全日本選手権も史上最年少優勝を成し遂げる。そして世界ジュニア選手権 2019-2020 ではPGS(大回転)、PS(回転)共に準優勝。世界から注目される選手へと成長した。

2020-2021年シーズンは、FISランキング総合7位(アジア人トップ)まで昇りつめ、ワールドカップでは、自己最高位(4位入賞)を達成。

2022年2月に開催される北京冬季オリンピックでは、SNOW JAPAN(スノーボードアルペン)の一員として最高のパフォーマンスを魅せてほしい。

CAREER

2021年 (17歳)

FIS SNOWBOARD WORLD CUP ベスト4

ヨーロッパ選手権 PGS(大回転) 優勝

2019年 (16歳)

世界ジュニア選手権 PGS(大回転)・ PS(回転) 準優勝

2019年 (15歳)

第25回 全日本選手権 スノボードパラレル種目 で史上最年少優勝

18-19 FIS SNOWBOARD WORLD CUP パラレル 種目で史上最年少出場

2018年 (15歳)

18-19 全日本スキー連盟 ナショナルチーム 強化指定Uチームに指定

株式会社キャタラーと所属契約

2017年 (14歳)

輝くかけがわ応援大使に就任

17-18 全日本スキー連盟 ナショナルチーム 強化指定ユースに指定

欧州アルペアドリアシリーズシーズン優勝 他

2016年 (13歳)

掛川市体育協会特別有効賞 受賞

PSA ASIA プロ第1戦・第2戦 優勝 他

2015年 (12歳)

プロ登録

PSA ASIA プロアマ第3戦3位 他

2014年 (11歳)

JSBA全日本選手権出場

PSA ASIA プロアマ第1戦4位 他

2013年 (10歳)

JSBA全日本選手権出場

有名になりたいわけじゃないただ、スノーボードに夢中なだけ
三木つばき(SNOW JAPAN ) 4歳でスノボに出会い 6歳で草レースデビュー。アルペンスノーボードの道に進む決意をしたのは偉大な選手との出会い。
(3:44)