新着情報

2021.01.06

トピックス

2021年 社長年頭あいさつ

2021年 社長年頭あいさつ

 

 

2021年1月6日、本社にて開催された始業式において、代表取締役社長砂川博明による従業員に向けての年頭挨拶が行われました。要旨は以下の通りです。

 

≪ 2020年の振り返り ≫

2020年は、トヨタ自動車から「品質管理優秀賞」と「プロジェクト表彰」、日野自動車からは6年連続で「品質管理優秀賞」、川崎重工から「品質優秀賞」をいただきました、また、海外事業体も各地でお客様から表彰を受けました。

一方、昨年は新型コロナウィルスの感染拡大により、事業においても生活においても大きな影響を受けた1年でした。生産面では、上期は大規模な減産、下期は急激な増産、海外への移動リスクからCEC(キャタラー・ヨーロッパ・チェコ)の立ち上げ支援も困難になりました。その結果、日本からのバックアップ生産で対応していますが、これが製造部門の高負荷の一因となっています。

社内ではマスクの着用や手洗い、消毒の徹底に加え、食堂の時差利用、執務エリアや会議室での距離の確保、出張制限など、自分と仲間を守る対策に奔走した一方、Web会議やリモートでの海外拠点の立ち上げ支援、在宅勤務、オフアワー制度など、新たな働き方が進んだ年でもありました。

また収益が厳しい見込みとなったことに伴う休業や残業規制に全社で取り組んでいただきました結果、生産数が急増したこともあり、収益が大幅に改善できました。

 

 

≪ 2021年の取組み ≫

昨年10月に改訂した中長期経営計画に基づき、 昨年途中で追加した感染症リスクに対応するBCMの強化など主要なテーマは継続し、新たにカーボンニュートラル※に向けた活動を推進していきます。

2021年は昨年から延期となった東京オリンピックが予定されています。

キャタラーもアスリートたちに負けないように、グローバルビジョンのスローガンに掲げた『躍動・躍進・飛躍』の中の躍進の年にしたいと思います。

 

※カーボンニュートラルとは

事業者等の事業活動等から排出される温室効果ガス排出総量の全てを他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)する取組です。

引用元:カーボン・オフセットフォーラム( http://offset.env.go.jp/about_cof_cn.html

 

 

≪ 最後に ≫

健康管理と交通安全の徹底について、皆さんへのお願い事項を申し上げます。冒頭に申し上げました通り、従業員全員が安心して働いていただくための職場の衛生管理は皆さんにもご協力を得て様々な対策を行ってきた結果、幸いにも現在まで一人の新型コロナウィルス感染者も発生しておりません。米国やイギリスではワクチン接種が始まっていますが、日本ではもう少し時間がかかると思われますので、自分や家族、仲間を守るために、くれぐれも慎重な行動をお願いします。

交通安全に関してですが、自動車産業の一翼を担う企業で働く者として、交通事故を起こさないだけでなく、地域の方々のお手本となるようなドライビングを心掛けてハンドルを握って下さい。

今年も、皆さんが、安全・健康に、そして明るく、楽しく、前向きに課題に取り組み、家族共々、実り多い良い年になりますことを祈念しまして、私の年頭の挨拶とします。

2020.12.30

取材・記事

WEBメディア『掛川暮らしのマガジン』に当社のグローバル人財について掲載されました

WEBメディア『掛川暮らしのマガジン』に当社のグローバル人財について掲載されました

 

掛川の魅力的な情報を発信しているWEBメディア『掛川暮らしのマガジン』の特集
「Live Local,Work Global」のコーナーに、当社のグローバル人材について記事が掲載されました。

▼特集「Live Local, Work Global」
 https://kakegawa.site/2020/12/30/cataler-interview/

 

『掛川暮らしのマガジン』とは、掛川に眠る「あたりまえの豊かさ」を深掘りし、
正しくその魅力を内外に伝える事を目的としたWEBメディアです。

▼掛川暮らしのマガジン
 https://kakegawa.site/

2020.12.24

採用

キャリア採用(正社員)の募集を開始しました

キャリア採用(正社員)の募集を開始しました

 

2020年12月24日より、正社員での中途採用を開始いたしました。

 

募集職種
———————————————————–
・グローバル営業(勤務地/本社:掛川市)
・研究開発(勤務地/アーク・クリエイションセンター:磐田市)
・生産技術(勤務地/本社:掛川市)
———————————————————–
詳しくは、キャリア採用サイトをご覧ください。

 

▼キャリア採用サイト(SONAR :ソナー)
https://cataler.snar.jp/index.aspx

 

当社は、キャリア採用にかかわるエントリー情報の管理を「イグナイトアイ株式会社」に委託しております。URLをクリックすると、イグナイトアイ株式会社が運営するサイトに遷移します。個人情報の取り扱いについてをご確認いただき、同意の上、エントリーください。

2020.12.22

CSR

アルペンスノーボード日本代表 三木つばき リザルトを更新しました

アルペンスノーボード日本代表 三木つばき リザルトを更新しました

 

当社所属 アルペンスノーボード日本代表 三木つばき(17歳)の
2020年12月のレース結果(リザルト)を更新しました。

※各レースのレビューは URLよりご覧いただけます

——————————————————————-
■2020.12.12 イタリア
 FIS SNOWBOARD WORLD CUP “CORTINA D’AMPEZZO”
 Women’s PGS 10位
 
 https://www.cataler.co.jp/tsubaki/blog/20201213/

■2020.12.17 イタリア
 FIS SNOWBOARD WORLD CUP “CAREZZA”
 Women’s PGS 10位
 
 https://www.cataler.co.jp/tsubaki/blog/20201217/

■2020.12.19 オーストリア
 FIS SNOWBOARD ALPINE JUNIOR WORLD CHAMPIONSHIPS 2020 “LACHTAL”
 Women’s PSL 2位
 
 https://www.cataler.co.jp/tsubaki/blog/20201220/

■2020.12.20 オーストリア
 FIS SNOWBOARD ALPINE JUNIOR WORLD CHAMPIONSHIPS 2020 “LACHTAL”
 Women’s PGS 2位

 https://www.cataler.co.jp/tsubaki/blog/20201220/

■2020.12.21 オーストリア
 FIS SNOWBOARD ALPINE JUNIOR WORLD CHAMPIONSHIPS 2020 “LACHTAL”
 Team PGS 2位

——————————————————————-

2021年1月の出場予定レース

■2021.1.9 スイス
 FIS SNOWBOARD WORLD CUP “SCUOL”  Women’s PGS

■2021.1.16-17 オーストリア
 FIS SNOWBOARD EUROPEAN CUP “SIMONHOEHE”  Women’s PGS

■2021.1.30 ロシア
 FIS SNOWBOARD WORLD CUP “MOSCOW”  Women’s PSL

※各日程は予定であり変更となる可能性があります。

引き続き応援よろしくお願いいたします。

▼つばき応援団
 https://www.cataler.co.jp/tsubaki/

2020.12.18

トピックス

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ

 

 

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

 

誠に勝手ではこざいますが、年末年始休業につきまして、

下記の通りとさせていただきますので、ご案内申し上げます。

何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

年末年始休業:2020年12月26日(土)~2021年1月5日(火)

 

2021年1月6日(水)より、通常業務を開始します。

※休業中のお問い合せにつきましては、2021年1月6日(水)以降に対応させていただきます。

カテゴリ

アーカイブ

  • TEL
  • お気軽にご連絡ください 0537-72-3131 受付時間:8:00〜17:00 (土日のぞく)
  • FAX

  • 0537-72-5647 24時間受付中
お問い合わせ
CLOSE
  • Catalog
  • カタログ一覧 会社案内パンフレット、技術紹介パンフレット、CSRレポートをご覧いただけます
  • 会社案内 当社の会社案内パンフレットです。
    触媒製品等を紹介しております。
    会社案内 PDFで見る
  • 技術紹介 人とくるまのテクノロジー展2018で展示した
    最新技術を紹介しています。
    技術紹介 PDFで見る
  • CSRレポート キャタラーの社会的責任について紹介しています。 CSRレポート PDFで見る
カタログ一覧
CLOSE
  • Document
  • 仕入先サイト
  • 日本語サイト
  • 英語サイト
仕入先サイト
CLOSE